リノベーションの2つの種類を詳しく解説!!【よくわか

リノベーションの種類

 

大きな違いがある!! リノベーションの2つの種類!

リノベーションには2つの種類があります。その2つとは【買取再販方式】と【請負方式】です。販売方式によってこの2つに分けることが出来ます。簡単に言うと出来上がっている物を買うか、注文してつくってもらうかの違いになります。それでは【買取再販方式】と【請負方式】の違いを見ていきましょう。

 

 

できたリノベーションを買う【買取再販方式】

買取再販方式」とは、一度専門業者が中古住宅を買い取ってリノベーション工事をした後に、一般のお客様に販売する方式です。この方法は名前のとおり、個々のお客様の希望や要望合わせて内装をつくるものでなく、ある程度一般的な汎用性の高い間取りとして作られます。新築の販売と同じと思ってください。言ってみれば買い手が決まっていない物件を、まだ見ぬお客様に向けてリノベーションした物件ということになります。ですから買うお客様は好きなようにカスタマイズができないということになります。既製品の物件を選んで買うリノベーションの方法です。

 

この買取再販方式は内装を考えるデザイナーや物件を売る営業担当など、多くの人々が販売までに関わっているため、そこまでのコストや業者の利益が価格に含まれています

 

 

好きなようにカスタマイズできるリノベーション【請負方式】

請負方式」とはリノベーション工事を行った物件を買ってもらうのではなく、お客様が買った、あるいは持っている物件を、お客様の好みや希望に合わせてリノべーション工事する方式です。間取りや内装仕上げ、それにキッチンや扉のノブまで、ありとあらゆるところまで自分の好みや希望を反映させてカスタマイズすることができます。前者のできあがっだ家をそのまま買う【買取再販方式】のとは違い、空間を創造する楽しみがあり、リノベーションならではのメリットを十分に感じることができる方式です。

 

 

買取販売方式が圧倒的なシェア!!【マンションリノベーション】

この二つが主な「リノベーションの買い方」となります。リノベーションが本来持つ魅力が発揮されるのは圧倒的に前者の請負方式のほうだと思われた方もいらつしやると思います。しかし、リノべーションの「買取再販方式」と「請負方式」の市場シェアを比べると、なんと9対1で買取再販方式が圧倒的に大きなシェアを占めているのです。お得で自由にカスタマイズでき、メリットがとても大きそうに見える請負方式は、なぜ市場で普及していないのでしょうか?どのような要因があるのでしょうか?

 

その要因とは、リノべーションする中古物件を取り扱う不動産業者さんにとっての「売りやすさ」と大きく関係しています。すなわち不動産屋の都合なのです。新築物件と同じようにそのまま売ることのできる買取再販リノべーション物件は、不動産業者の営業マンや販売会社にとってはとても売りやすく、お客様からすると分かりやすく買いやすいため、市場でこれほど大きなシェアを誇っているのです。お客様に見てもらう段階で、既に綺麗な完全な商品となっているので、販売が非常にしやすいのです。

 

さらにリノべーションされてから売り出される買取再販方式の物件は、新築と同じ不動産流通網に乗せることができるため、とても流通しやすくお客様に届きやすいのです。リノベーション済みの物件は、新築のモデルルームを見学するように、実物を見てから検討・購入できるので、お客様にとっては「内装が新しくしてある中古マンション」を新築とほぼ同じ手順で買う感覚になります。一方の請負方式は言ってしまえば、汚い物件をみせられて「これを綺麗に直すから買ってね」と言われているようなものです。そのような状態で大金が動く判断を一般のユーザーがすることは難しいでしょう。これらの要因からやはり不動産としての販売を考えるのなら、買取再販方式のリノベーション物件のほうが圧倒的に有利なのです。

 

 

日常の行動をイメージして広さをチェック

日常のさまざまな動きを想定すると、単にものをおさめるだけでなく、使いやすさを考えておく必要があります。特に扉、引き出しなどのある家具については注意が必要です。周囲の余裕度を調べましょう。また、移動スペースも動きやすい寸法を考えておきたい部分です。廊下や階段の幅は、通常は半間サイズで取りますが、壁内側の問で見た有効幅は800mm弱となってしまいます。手すりをつけるような場合は、基準寸法を寸からメートルなどにかえて広げる必要があるでしょう。階段については、間取りづくりの際におさえておきたい全体寸法から整理してみましょう。直線形や折り返し形がありますが、直線形では、半間幅×13段程度、折り返し形では1間(1820cm)×1間の正方形が、標準的な大きさ。とりあえずは2畳分程度のスペースを確保する必要がありますが、よりゆとりを持たせられれば安全になります。建築家と話をしていると、間取り図を見ただけで瞬時に、ここは食器棚を置くと通行が不便になるというようなことを指摘されます。たいていの人はそうした訓練はできていませんから、家づくりの計画が始まったらメジャーを持ち歩き、日常どんな動きをしているかを確かめておきましょう。