収納は今の家を下回らないレベルで!!

収納間取り

 

収納の間取りプランニング

広い物件を買ったとしても、モノが居住スペースにあふれると、圧迫感があり狭く感じます。そこで収納スペースは、今住んでいる家と同等か、それよりも広いものを選ぶのが一般的です。モデルルームやモデルハウスは、生活感をかもし出すようなモノは置いていないため、なかなかイメージしにくいですが、実際に自分の家にあるモノが全部しまえるかどうか、想定しておきます。「ここにラックを置けばいいか」と安易に外出しを考えると、わざわざ狭い物件を買ったように感じてしまいます。「収納率は○○%以上が望ましい」と言い方もされますが、モノの多さは人によって異なりますから、気にする必要はないでしょう。また、ほとんどの人は、今持っている家具を前提に考え、今の家具が新居にも入るかどうかを気にします。しかし、物件の値段に比べると、家具の値段なんて誤差の範囲です。賃貸のときはそういう視点も大事ですが、一生住むかもしれない住居を買うときは、逆の発想をします。

 

収納は今の家を下回らないレベルで検討することが重要なのですが、このような、ある程度の制約をつけて「あとはご自由に」というのがコーポラティブ(ウスのスタンダードになりつつあります。コーポラティブハウスは、通常のマンションと比べると、居住部分のデザインにかなり融通がきいて、「お風呂場に丸い窓をつけたい」、「私は星型の窓がいい」などのわがままもききます。全体の統一感はなくなりますが、それがかっこいいという不思議な効果を生むのもコーポラティブのおもしろさです。収納は今の家を下回らないレベルでないとダメなのです。

 

収納は今の家を下回らないようにしましょう

通常、コーディネート会社が世話役を引き受けます。不動産会社を介しませんので、設計事務所や工務店への選定も依頼も入居者たちが共同で行っていくことができます。キッチンも、都市部では自宅で料理する機会は以前より減っているので、広いキッチンは持て余すようになっています。高級物件に見られるアイランドキッチンも、内見をすると、その豪華さに圧倒され、夢が膨らみます。しかし、実際に住んでみると、「あれ?・ こんなにいらなかったかも」となりかねません。核家族化と少子化か進み、必要な間取りは小さくなる傾向があります。たとえば4LDKを買うと、2人になったときに持て余します。そんな時代には買い手も借り手も見つかりにくくなります。収納は今の家を下回らないレベルで考えましょう。
自由に作れるのは専有部分だけですが、そうした中である程度自分好みの部屋が作れること、不動産業者の利益分が価格に入っていないという点はメリットですし、間取りが決まってしまっているマンションでは実現できないことが実現できる点も魅力です。価格も通常の新築マンションとそれほど変わりません。ただし、この方法が使えるのには、前提条件があります。ひとつは、都市部など賃貸需要が高い場所でなければ成り立ちにくいという点。もうひとつは、自分の年収や残ローン額、これから買う予定の物件の金額によって、組めるローン金額が異なるという点です。前述のとおり、住宅ローンは返済比率で審査されますから、収入の割にローン負担が多いと、借りられない場合があます。収納は今の家を下回らないようにしましょう。3階建てにすれば、販売できる戸数が減ります。つまり、彼らの儲けも減ります。それでも広々とした空間をつくろうとするデベロッパーは、儲けオンリーよりも、居住性をきちんと考えて作っている、と言えるからです。

 

将来に対してどんなイメージを持っているかあるいはまだ持っていないかによって、買ったほうがよいのか、今は賃貸のほうがよいのかが見えてきます。イメージが固まっていないのであれば、家賃がもったいないからといって急いで買う必要はありません。まだ若い世代であれば、ライフスタイルは年々変わっていきます。転職・結婚・出産などによって、最適な居住地、居住環境も変わる可能性が高いのが現実です。収納は今の家を下回らないようにするべきです。家を買うことは豊かな人生をもたらしてくれる理想のライフスタイルのイメージがある程度決まっていても、「買おうかな?」「でもなあ」と、迷っている方も多いと思います。その大きな理由は、やはりお金に関する問題ではないでしょうか? なかでも、多額のローンを抱えることがネックだと言う人が多いでしょう。もちろん、家は人生の中で一番大きな買い物の1つ。そのため、「賃貸のほうがラク」と考えるのも当然かもしれません。

 

今の住宅の収納の問題点

収納は今の家を検討すべきですが、吹き抜けリビングなどを吹き抜けにすると開放感は得られるが、耐震性能が劣る、エアコンの効きが悪い、音が大きく響くなどのデメリットもあります。ロフトマンションのロフトはほぼ寝るための場所だが、一戸建てならいろいろな用途が考えられる。空間を効率よく使える点もメリットです。中庭居住空間に穴が開く形になるのは確かだが、建物の真ん中から外光が差すので、家全体がとても明るくなる。意匠的な楽しみもある。地下室費用はかかるが、子供の遊び場や防音室など本格的な“趣味の部屋”が可能。一定の条件を満たせば延床面積から差し引ける。収納は今の家を下回らないレベルで間取りプランをしましょう。時間のロスや疲労を考えると、引っ越したほうがよいと考えるでしょう。子どもが生まれれば、近くに保育園があるとか、近くに親が住んでいる、子どもの医療費が安い場所のほうが好ましくなります。子どもが学校に行くようになると、公立なら偏差値の高い学区、安全な学区など、学区の問題が出てきます。