具体的なリノベーションの進め方!!【まずは資料請求から!!】

昔のリフォーム
不動産業界の事情や日本の土地問題などもあり、今ではリノベーションをされたマンションや戸建て住宅が大人気になっています。中古住宅に大きな注目が集まり始め「家を買う=新築」ではなくなってきました。味のある古い外観は「レトロ」と表現され、大切に管理されてきた古いマンションは「ヴィンテージマンション」とまで呼ばれ大きな人気を博しています。今、そんなジティブな中古購入が広がってきています。そのような状況下、中古住宅に快適に暮らすための改修工事である「リフォーム・リノベーション」に注目が集まっています。

 

 

 

昔からよく耳にする「リフォーム」とは?

「リフォーム」というのは、時間を経て汚れたり使いづらく内装を、新築の状態に近づけるための改修工事です。剥がれた壁紙を貼り替える、古くなったキッチンやトイレなどを新しいものに取り換えるなどの改修工事がこれにあたり、部分的な工事の場合がほとんどです。

 

 

最近よく耳にする「リノベーション」とは?

これに対し「リノべーション」というのは、住宅全体を生まれ変わらせ、新しい価値観を生み出す改修工事です。既存の内装をすべて取り払い、間取りを含めて今の暮らしに合わせてゼロから造り替えることも多く、その住宅に新しい機能や価値を与えるのが大きな特徴です。元の間取りや仕上げ、機能にとらわれることなく新しい自由な発想で手を加えることにより、新築当時の価値を上回ることができるのがリノべーションならではの大きな魅力です。

 

リノベーションはその住宅に対し、住む人のライフスタイルを反映させた包括的な改修工事を行うため、工事後の満足度も非常に大きくなるのです。「リフォーム」「リノべーション」と並べて表記されることも多いこの二つの住宅の改修工事ですが、実際は核となるコンセプトも、得られる結果も全く異なるものなのです。「リフォーム」と「リノべーション」は大きく違う工事なのです。

 

では、そのリノべーションはどこに頼めば良いのでしょうか?どこに頼んで、どんな打ち合わせをして、どのくらいの日数で完成しているのでしょうか?もちろん金額や予算も気になるでしょう。最初に問い合わせるのは、不動産会社? 工事業者? 設計事務所????リノべーションという言葉は聞いたことがあっても、実際にやろうと思うと分からないことだらけです。実は日本はリノベーションを行う専門の会社ができてからまだ20年弱しか経っていません。まだまだ新しいものだけに、詳しく知っている方は多くありません。それほど「リノベーション」は新しい考え方なのです。

 

しかしご安心くださいこちらのサイトからお問い合わせいただくと、リノベーションの専門業者から見積もりやご提案が届きます。もちろんパンフレットやカタログの請求だけでも可能です。そしてこのサイトの最大の魅力は、とても多くのリノベーション専門会社が協賛している点です。リノベーションは施工会社によって価格や予算が大きく異なります。しかしこのサイトなら、一度の入力で複数のリノベーション専門会社から見積もりが届きます。さあ、あなたも悩んでないで問合わせて見てください!!

 

undefined

 

 

家族構成の変化に対応する間取りプランニング

ここでは子供あるいは親との同居を想定しています。特徴は、洗面所や浴室を2階に設け、さらに廊下に設けた洗面所をミニキッチンに変更できるようにしたこと。1階トイレ横の収納はシャワールームにできます。これにより、子供と同居した時には、2階部分の居室はすべて子世帯スペースにできます。家族構成が変化した時の部屋の住み替えは書斎を除いたスペースで対応するので、標準的な4LDKの間取りの場合とかわりません。「将来は、確実に2世帯同居になる」のなら、@子世帯(あるいは親世帯)の寝室や子供部屋をどう確保するか、A食事や団らんが別々にできるスペースは必要かなどについて考えておきたいものです。できれば上下階の水まわりの位置に配慮しながら、給排水・ガス・電気などの準備配管をすると、将来への対応がスムーズにできます。

 

 

敷地の形や日照などの自然条件をまずチェック

整形の土地であるほど建物の形も間取りも自由度が高くなりますが、不整形の場合は敷地の生かし方に工夫が求められます。狭小地などでは、廊下などの移動スペースが取りづらかったりスペースがムダになったりするので、部屋を連続させながら広く住み、かつ部屋ごとのけじめをつけるといった配慮が必要になります。北側に道路がある土地では、北側から玄関に入らなければなりませんが、敷地は北側より南側に余裕を持たせたいので、玄関まわりが狭くなりがちです。

 

角地は一般に条件のよい土地で、玄関の位置も自由度が高くなります。しかし往来の状況によっては外からの視線や交通騒音に対処するため、開放感より独立性を重視しなければならない場合も。建てる場所を前提にして問取りを考えることが大事です。

 

 

容積率の計算上有利なプランをチェック

まず地下室は容積率の計算上有利。また小屋裏や中2階などのスペースは居室としてではなく、物置きとして使うのであれば、階数に含めず容積率の計算でも床面積に入れなくてよいことになっています。「物置」に使うというための条件は天井高が最大の場所で1.4m以下、面積は直下の階の8分の1以下で、岡定したはしごなどをつけないこと、と国土交通省が定めています。

 

小屋裘に書庫室やホビー関係の整理室を設けたり、子供部屋の上部を高天井にして上部にロフトを設けるなどの手法を使えば、住まいをより立体的に使えます。そのかわり、建築プランが進んだ時にっい条件を忘れ、ロフト部分の天井高が一部でも1.4mを超えたり、階段をきちんと設置して本格的な部屋にしてしまうと、2階建て住宅のっもりでも3階建てとみなされ、構造計算や防火規制の制限を受けるので注意。また、駐車場については、建物内に取り込んだ場合でも、全体の床面積の5分の1までなら容積率の計算に含める必要がありません。ピロティ(中空、吹き放ちの空間)やビルトインガレージにすれば、その部分を除いて容積率を考えればよいので、多層 化にも余裕を持って取り組めます。また、建築した一部であっても、屋外部分とみなされるところは、床面積に算入し ないことになっています。ポーチやピロテ ィで一定のもの、通常形式のバルコニー、外廊下などですが、詳しい基準は昭和61年の国土交通省の通達で示されています。ちなみに出窓は下端の床面からの高さが 30cm以上あり、周囲の外壁面から水平距離 で50cm以上突き出していなければ、床面積に含める必要はありません。