輸入木材が国産木材よりも良い理由!!

国産輸入木材

 

国産木材は輸入木材の低価格に押され林業全体が不振に陥り、人工林の多くは間伐さえままならず、台風による倒木も放置されたままという荒れた森林が増加することになってしまいました。これは大きな問題です。住宅業界にとっては一大事なのです。その様子は国産材の自給率の変化によってもうかがえます。林野庁のデータを見ると、昭和40年代に80%を超えていた自給率が、50年代には75%へ落ち、60年代になると40%と激減、平成七年にはとうとう10%台になりました。この数字がそのまま林業の不振を物語っているのです。

 

食糧自給率が30%を切って大問題になっていますが、それよりも国産材の自給率はもっと低いのです。木材は豊富にあるのにです。といって、ただ自給率を上げるためだけに、価格の高い国産材にシフトすることはできません。それではどうしたらいいのか。何とか努力に努力を積み重ねて、国産材を輸人材に太刀打ちできるようにする以外にはありません。いままでは、その手立てがなかった。いまやっと建築木材に間伐材を活用できるめどがついてきたのです。

 

 

 

輸入木材が国産木材よりも良いでしょう!!

一安心・安全な暮らしのために、地盤改良の工費は惜しまないお金と時間がかかる改良工事を行う必要がなくなれば、1000万円近い工事費を節約することができます。東日本大震災では、震源から遠い千葉県や埼玉県でも、住宅地の液状化被害が報じられました。住民は、区画整理事業を行った行政の責任を追及しました。輸入材なんてよく使いますね。

 

国産木材の地質調査の情報は国のデータベースで確認できる賢い消費者は、「費用が安く、手間がかかりません」といった甘い文句に騙されてはいけません。現在は国のデータペースで、過去の公共工事で行った地質調査の情報が公開されています。自ら関心をもって、情報を集めることも大切です。また油煙も広がりにくく、室内が汚れずグリーンに保てる。あなたは、自宅が自然災害に遭っている最中に自分の家族や自宅にわき目も振らず駆けつけてくれる地元の業者と、片付けが終わって、虚脱感に襲われた後に証拠写真を撮りに来る企業のどちらに大切な家を建ててもらいたいと思うのでしょうか……?

 

ゴミを捨てる前に、「ゴミを減らす暮らし方」を工夫するのが先決でしょう。
快適性については、とくにキッチンにおけるIHクッキングヒーターの快適性がオール電化住宅の特徴といえます。それを列記してみると、ガス、灯油の燃焼時の不快な臭いが発生しない。私自身は住宅の営業をしていたわけではありません。しかし、周りには元営業マンや現役の住宅会社経営者がたくさんいます。条件の悪い土地でも快適な住宅は建てられるでは、家を建てるあなたにとってはどうでしょうか。最近は資源の再利用化も進んできましたが、リサイクルにもエネルギーや手間がかかります。彼らは売るために消費者心理を研究しています。買うタイプの人を見極めるための研修にも参加しています。そこで求められるのは、どの営業マンでもできる方法……。

 

 

国産輸入木材の誕生!!

確かに、需給バランスが崩れた時、必ずそのような商売人は出てきます。でも、この会社は数日間、恐らく数百棟の家にブルーシートをかけてまわり、1円のお金もお客さまからいただいていません。国産木材のメリットです。燃焼に伴う水蒸気が発生しないので、カビや結露が発生しにくい。新入生のときに、部活動に勧誘される「あれ」です。すでに希望する入部先のある人には何でもない勧誘です。しかし、迷っている人や入る気のない気の弱い人……この人たちは、勧誘する側の格好のターゲットです。国産木材は、国土交通省が「地震時に液状化の恐れのある地盤の場合には、建築物又は建築物の部分に有害な損傷、変形及び沈下が生じないことを確かめなければならない」と告示を出したのは、2001年。東日本大震災より10年前のことです。義務づけられたはずの安全性の調査は、しかし行われなかったのです。たとえば、図のような二つの土地が売りに出ていたとします。Aの土地は、東南の角地にあって日当たり良好。