中古マンションは築年数 お買い得はいつ??

お買い得住宅

 

新築から15年は大きく値が落ちる!【分譲マンション】

中古マンションを探す上での「価格」の見極めは、どのようにすればいいのでしょうか?中古マンションこそ「価格」の見極めが難しいのです。

 

でもその前に、そもそも中古マンションの価格というのはどのように決まるのかご存知でしようか?マンションの価格は、築年数が多くなるにつれて限りなくゼロに近づいていきます。住宅の価値は通常、土地と建物の二つの審査基準から査定されますが、マンションは異なります。土地の価格は常に増減し変動するものですので、例えば家の近くに駅や便利な施設ができて人が集まるようになれば、需要が高まり土地の値段が上がります人気がある地域の土地は価格が高く、人気がない地域は土地の価格が低い、これは新築マンションでも中古マンションでも同じことなのです。

 

一方、建物の価格や価値は、築年数に応じて次第に落ちていきます。決して上がることはありません。当然ながら価格は新築時が一番高い状態で、そこから急激に落ちていきます。大幅な価格の下落が落ち着くのは、建物が建っておよそ15年ほど経ってからなのです。15年以降の大幅な値動きがなくなってからの価格が、リノベーションしたいと思っている方にとって最適な価格といえます。マンションリノベーションをするのなら、築15年以上の中古マンションが断然お勧めです。そして築20年以上になると大きな値動きがほばなくなりますので、そういった安定した物件を慎重に見つけ出し、古くなっている内装は自分好みにリノベーションすることで資産価値も高く、中身の満足度も高い家を安価で手に入れることができるのです。

 

 

リノベーションなら築15〜20年が狙い目!!

築15年以上と言うと15年も使われてきた古いマンションと思われる方も多いのですが、一般的にマンションの寿命は60〜80年程度とされており、手厚い修繕を行えば100年以上住み続けることが可能だと言われています。築15〜20年であれば、残りの耐用年数としては十分です。中古物件をよく見てみると、15年や20年でこんなに価格が下がるのかと驚くような物件もあります。新築当時の価格や、同じエリアの同じくらいの広さの新築マンションの価格と比較してみると、築15〜20年のマンションのお得感が実感できると思います。ここで問題となるのが、新築時の価格が分からいことです。また、中古で買おうと思っているマンションの相場も具体的にはわからないでしょう。そんな時にはインターネットのサイトが便利です。