狭小住宅は、デザイン住宅にするべきなのか?

デザイン住宅

狭小住宅こそデザイン住宅にするべきです!!

住宅も多様化が求められる時代ヘ変化が激しいのです。デザイン住宅が注目されはじめたのは今から10年程前、2000年くらいからでしょうか。建築家の設計した狭小住宅やデザイナーズマンション、いったいなぜ、デザイン住宅に対するニーズがこんなにも高まりを見せ、今もなお続いているのでしょうか。それまでの住宅シーンがどのようなものだったかを振り返りながら考えてみましょう。

 

 

デザイン住宅の可能性

デザイン住宅デザイナーズマンションならぬデザイン住宅に憧れている人も多いはず。ただし、住まいとしての機能や周囲の環境も考慮しましょう。

 

まず何といっても必要なのが予算です。こんな家ならいくらかかる、と一概にはいえませんが、建売住宅やオーソドックスな注文住宅よりはコストが確実にかかります。建築士と相談しながらすり合わせていきましょう。その建築士にも、提示された予算内でまとめる設計力と、クリエイターとしての美的センスが求められます。また、完成した設計を形にする施工業者にも相応の技術が伴っていなければ、希望通りの家は建てられません。

 

※住宅コンサルタントになってわかった事!!

 

 

住まいとしての機能を確保すべき

あまりに奇抜なデザインだと、見た出よおしゃれでも実際に暮らすには不便ということになりかねません。さらに、デザインを最優先した家はどうしても耐震性能の面でマイナスなので、そのことも知っておいてください。また、見た目については、もし純和風の家が並んでいる宅地にカラフルな3階建ての家がポンと建つと、近隣の住人たちもあまり快く思わないでしょう。さらに街の景観としても美しいとはいえません。周囲との調和は最大限考慮すべきでしょう。

 

デザインのヒントは?

個性派住宅といっても内容は様々。吹き抜けや中庭、ロフト、地下室などはひとまずおしゃれなデザインのセオリーといえます。そのほか、中2階をつくって遊び心を加えたり、リビングに階段を付けて洋風のテイストにしたりするケースも多いようです。

 

 

リビングの階段は子供の動きを把握できる

玄関からすぐの位置に階段があると、帰宅した子供はリビングを通らずに2階の子供部屋へ直行できてしまいます。リビングに階段を配置すれば子供の動きがわかりますし、コミュニケーションの量も増えます。

 

 

狭小住宅のデザインを考える

狭小の土地ならそのような考えになるのでしょうか?しかし、この「何らか」の答えに対しての許可が下りるまでに、1年という月日がかかってしまうのです。住宅ローンでは、こんなリスクも考慮しておくべきなのです。狭小住宅のデザインを考えましょう。金融機関が提示する住宅ローンの額は、機械的にはじき出した「今、借りられる額」であり、クライアントの生活設計は考慮されていません。共働きをしているからと、高額の返済額を受け入れてしまうサラリーマン家庭もありますが、出産や病気でいつ何時奥さんが働けなくなるかわかりません。子どもが成長すれば教育費もかさむでしょう。

 

しかし、狭小住宅のデザインは難しい物です。その後、奇跡的といわれた経済の復興を成し遂げ、高度経済成長期を迎える過程で所得も大幅に増大し、マイホームが多くの国民の夢に浮上してきました。この法律制定の背景には、住宅投資の促進で景気回復をという経済対策のねらいもありました。住宅業界としては、新しい需要創造の機会という追い風でもあります。それでも、「自分で決められない」「忙しい」といった理由でプロデュース会社を利用する場合には、気をつけたいポイントがあります。まず、その会社がプロデュース専業か否か。近年、林立した会社の中には、工務店や設備会社、建築資材業者が兼業しているものも多く含まれています。兼業のプロデュース会社の場合は、当然ですが、自社施工や自社の製品を薦めます。

 

そのことから当時の住宅不足数は10 万戸、不足率は37%に及んでいました。戦時中の供給不足、戦災による住宅の焼失、さらには海外からの引き揚げによる需要の急増などによるものです。どの地域に指定されているかは、都市計画図などに記載されているので役所で確認できます。都市を維持していくうえで重要なのが防火対策です。このため、地域ごとに防火地域、準防火地域、そして法22条区域(屋根不燃化区域)の3つが指定されています。これらの防火規制は、火災の延焼の防止を目的としているので、建物の材料を規制しています。業界では、最初から仕様を切り詰めることは避け、クライアントの要望を適度に取り入れた余裕のあるプランをもとに、細かい話し合いをしながらコスト調整するよう心掛けています。住宅ニーズと市場の流れ欧米に比べて後進性が目に付くわが国の住宅事情の遠因は、戦後の焼け跡からの出発にありました。住宅ニーズと経済・社会の変遷をみると日本の住宅問題は、太平洋戦争終了時に原点があるといわれています。

 

ですから、狭小住宅のデザインはコンペを通過させるために描いた夢のようなプランに、実際のコストが収まるのか、施工の質がついていけるかも不安です。手軽さを優先した結果、いざというときに依頼した建築家に安心して任せられない。これでは、満足のいく家づくりは実現できないでしょう。しかし、さすがに「穴掘り」はスタッフ全員が初めての体験でした。今回の場合は、十分な強度の擁壁が埋め込まれているか、実際に掘ってみる他に証明する手だてがなかったのです。こうしたトラブルは多く、なすり合いのあげくに修理の実費がクライアントに降りかかってくるケースもあるので要注意です。防火地域では木造住宅に対しての規制があることを知ることが重要です。これをベースに推計すると、2地域居住人口は2005年の100万人から2030年には1080万人になると予測しています。

 

この頃に意識したのが、近代建築の三大巨匠と言われるミース・ファン・デル・ローエの作品。ファンズワース邸をはじめとする住宅に触発され、私の中にも「建築家として、後世に遺る作品をつくりたい」という目標が芽生えていったのです。狭小住宅のデザインは身の丈のコストで妥協のない家を手に入れたのです。十数社に及んだパートナー選びを苦にせず、行動力をもって家づくりに深く関わったことが、大きな満足につながったのです。奇抜なデザインを追い求めて、住宅の性能や品質が落ちるのでは本末転倒です。建材や設備機器には保証がついている製品も多くありますが、メーカーの指示に従わない使い方や施工をした場合は、事故が起こった場合でも、保証の対象外になってしまいます。