『定期保険』の特約とか解約返戻金とか損金・・・

保険営業マントーク

 

保険の目的

死んだときに遺族に保険金を残す。

 

 

定期保険の特徴

 

※掛け捨ての保険の代表的なものです。

 

保険期問が1年、5年、10年、または50歳まで、60歳までなどと決まっています。この期間保険料を払い、この期間に亡くなったときにだけ死亡保険金が払われます。満期保険金はなく無事に何事もなく保険期間が終わると、払ったお金(保険料)は1円も戻ってきません。これが「掛け捨て」と言われるゆえんです。

 

保険金額が同じなら、期間が短いものほど保険料は安くなります。保険期間が1年、5年、10年など短いものは、自動更新ができる(特に申し出ないと、同じ条件で保障が継続される)のが一般的で、保険料は更新するたびに値上がりします(契約の年齢が高くなるので、ただし一部の団体定期や共済など)。保険期間が長いもので、期間中の保障金額が変わらないものを『長期平準定期』、保障額が少しずつ増えていくものを『逓増定期』、少しずつ減っていくものを『逓減定期』といいます。

 

死亡保険金が年金形式で払われる『収入保障保険』も、『定期保険』のバリェーションのひとつ。会社で加入する『団体定期(保険)』も『定期保険』の一種です。『定期保険』は、何といっても保険料が安いのが特徴。同じ死と保障を目的とした『終身保険』や、『養老保険』よりも保険料はぐっと安くなっています。

 

 

【定期保険』はこんな人に向いています!!

@自分が死んだときの家族の生活費を保険金で残したい人

死亡保障のための、いちばん基本的な保険が『定期保険』。ただし保障期間が限られている事に注意してください。

 

A死亡保障をできるだけ安く買いたい人

死亡保障のための、いちばん安い保険が『定期保険』です。やはり保障期間に注意してください。

 

B生涯の保障は必要ないので、一定期間だけの保障が欲しい人

保障期間をかなり自由に設計できます。ただし、日本の大手の生命保険会社は、期間の長い『定期保険』は、個人向けに販売していません。外資系保険会社、郵便局などにあたってみましょう。

 

C保障は保障、貯蓄は貯蓄と別々に考えたい人

保険料を安く押さえる事ができるので、その分を貯蓄にまわす事ができます。

 

 

『定期保険』は、こんな人には向きません!!

@満期保険金や、解約返戻金が欲しい人

『定期保険』には満期保険金はありません。短期のものは解約返戻金もほとんどありません。ただし、長期の『平準定期』や「逓増定期」、「逓減定期」は解約返戻金が払われるものもあります。

 

A掛け捨ての保険は絶対に嫌な人

『定期保険』は掛け捨て保険です。ただし、貯蓄性のある保険もその保険料の一部は、掛け捨ての保険にまわっています。

 

B貯蓄をかねて保険に入りたい人

『終身保険』や『養老保険』、または生存給付金付きの保険をおすすめします。

 

C一生涯の死亡保障が欲しい人

『定期保険』は一定期間で保障が切れてしまいます。これで、葬式代や相続税のための資金を残すのは不適当。一生涯の保障が欲しい人は『終身保険』をどうぞ。

 

 

『定期保険』 加入のポイント!!

@必要な保障額と保障期間を考えてみよう

保険金額をいくらにするか、保障期間を何年にするかが『定期保険』加人の最大のポイント。遺族にいくら残したいですか?保障期間はこども(末の子)が独立するまでとするのが一般的です。

 

A自動更新にするか長期にするか

自動更新なら当初の保険料は安くなりますが、更新ごとに保険料が高くなります。期間の長いものは当初の保険料は高くても、保険料が変わらないので、トータルでは安くなります。どちらにするかよく考えて。