賢い土地選びの方法!!

土地購入の極意

 

土地選びの基本チェックポイント!!

賢い土地選びは、事前にどんな環境であるかを知っておくことが、失敗しない土地探しの大きなアドバンテージになります。そこでの生活を具体的にイメージして、必要な条件を整理しましよう。基本のチェックポイントは、上の表にある5つの項目に分けられます。長く住む土地ですから、実際に周辺を歩いてみるなど、自分の目で確かめることか大切です。例えば通勤経跡では、乗り換えは少なくてもホームまでの移動が長かった、急行が正まらなかった、などということがあったりします。車の交通量や騒音、悪臭、人通りなど、生活に影響してくる条件は特に気を配っておきたいところです。とはいえ、すべての条件を満たした土地を見つけるのは至難のワザ。上地の価格も含め、生活の利便性や住環境、地域性など、あらゆる条件に優先順位をつけることが賢い土地選びの方法です。

 

 

素人が失敗する土地選びの基本!!

土地選びは、上棟の時点で家の骨格が出来上がりますが、この時期が、いろいろな意味で工事の中間的な節目になります。住宅金融公庫を利用する場合は屋根工事終了後、現場審査があります。予算面では、施工費の2回目の支払いがあります。工期の遅れも随時チェックは、着工から完成まで、工事の規模やさまざまな条件によって異なりますが、木造軸組工法ではだいたい6ヵ月が目安。工期が遅れれば、入居時期もかわってくるため、契約時に工程表をもらい、作業の遅れがないかなど、まめにチェックする必要があります。工事が遅れた場合は、再度工程表を提出してもらいます。

 

設備の使い勝手 を実際に確認する  工事が進むにつれて、図面だけではわからなかった使い勝手や全体の印象がはっきりしてきます。実際になかに入って、建具や設備などの使い勝手を確認しましよう。特にコンセントの数などは、機器を置いた状態を想定して再確認。手すりの高さや収納の位置なども確認しましょう。土地選びの基本です。土地を購入する際は、まずは建物が建てられる土地かどうかを確認し ておく必要があります。そのうえで気に入った土地があれば現地に何度も足を運び、周辺環境や騒音、近隣の視 線などをじっくり観察すること。素人ではわかりにくいことも多いため。施工業者や建築家などプロの目で調査、確認してもらうと安心。

 

 

土地は必ず現場を見に行きましょう!!

現場を見に行つ瓷らイメージと 違うというケースは起こりがちです。しかし工事開始後の直しは、変更した材料分だけ支払えばよい  面でも人件費面でも大きなロスに。工期も遅れてしまいます。工事が始まる前でも、すでに資材が発注されていれば、大幅なコストアップを覚悟しなければなりませんい本見積もりが出てきた段階で内容をチェックし、再確認して、納得してから工事にはいりません。

 

土地購入のマネープランは、将来「こんなはずじゃなかった」と後 悔しないためにも、あらかじめしっかりとしたマネープランを考えておくこと が必要ですまずは手持ちの自己資金 や返済可能な金額などを確認し、家づくりにどのくらいのお金がかけられる かを把握しま支建築費以外にも別途工事費やインテリア、諸費用など、さま ざまな費用が発生するので、それらを見込んで余裕を持ったプランづくりをしましょう。

 

土地購入の依頼先の決定は、いい依頼先にめぐり合えれば、家づ くりの成功は約束されたようなもの。どこに頼むかによってプランの進み 方も異なるので、しっかり確認して最適な依頼先を選びましょう。成功のポ イントは、自分たちのライフスタイルだけでなく、好みやセンス、考え方ま でよく理解してくれるパートナーを 選ぶこと。基礎に大きなヒビは、小さくても一定方向に向かう亀裂の増加に気づいたら、不同沈下の可能性がま雨天でもないのに、基礎がいつも濡れているようなら、給水管や排水管の水漏れ、外壁内部の拮露が考えられます。床にビー玉を転がしてみて、10回に8回は、部屋の端から端ま。で転がっ『ていたら、床が傾いている証拠。また、床下に白い木の粉が散って3年で疲返しと表替えをしましよう。壁のクロスは張り合わせた部分からはがれ始めるので、継ぎ目を点検。小さな啅つれなら市販の接着剤で簡単に補修できま。

 

タイルの目地の傷やサッシ周りのシーリングの欠けからは水や雨が浸みこむこ。とになり、家の耐久性に影響します。定期的な補修が欠かせません。二般的にシーリング剤の寿命は約8年です。建具の建てうけの狂いや、歩いたと。きの床のきしみがひどい場合は、土台や根太に問題があるケースも。壁や天井、軒裹などのシミは雨が漏っている証拠です。