『収入保証保険』に裏技があるって本当なの?

収入保険の選択

 

『収入保証保険』 保険の目的

死んだときに遺族に保険金を年金形式で残す。

 

『収入保証保険』の特徴やメリット・デメリット!!

死亡保険金がいっぺんにまとめて払われるのではなく(一時金でなく)、年金形式で払われる保険(または特約、以ド同じ)。保険会社によって、主契約として購入できるものと、『終身保険』などにつける特約としてだけ契約できるものとがあります。

 

保険金が毎年、あるいは毎月払われるので、遺族はもらった保険金の運用に頭を悩まされる事なく、それまでの給料の感覚で使う事ができます。加人するときも、夫の収入がなくなった場合、月々どのくらいの収入があれば遺族が生活できるか、という面から金額や期間を決める事ができるので、設計しやすいのも大きな特徴です。基本的には『定期保険』ですが、保険金の払われ方にひと工夫があるわけです。ですから、保険期間が決まっており、この問に亡くなれば保険金が払われますが、それ以・後の死亡は払われません。満期保険金はなし。『定期保険(特約)』と同じく「全期型」と「吏新型」があります。『収入保障保険』には2つのタイプがあります。

 

ひとつは、保険期間中いつ亡くなっても年金は一定期問だけ払われるというものです(ここでは、便宜上Aタイプと呼びます)。たとえば、加人後すぐに亡くなっても月額20万円の年金が10年間、保険期間終了直前になくなっても10年間保険金が払われます。

 

もうひとつのタイプは、たとえば保険期間が30年の場合に、加入後すぐに亡くなれば年金が保険期問終了までの30年間払われ、10年経過後に亡くなれば同20年間、保険期間が残り10年以内の場合は一律10年分払われるというものです(Bタイプと呼びます)。このBタイプは、早くに亡くなるほど受け取る保険金の合計額は大きく、遅くなると合計額は一定額まで減る事になります(つまり、『定期保険』の中でも保障額が少しずつ減る『逓減定期保険』にあたります)。万一の場合に手当したい保険金を月○万円のx年分というふうに組み立てればいいので、必要保障額が考えやすく、また保険料を安くするために合理的な保険として、最近人気がでてきました。

 

 

 

『収入保証保険』は、こんな人に向いています!!

@自分が死んだときの家族の生活費を、年金形式で残したい人

保険金が一時金で払われるよりは、年金で払われる方が、家族にとって都合がいいと考えるならこの保険です。基本は『定期保険』ですから、死亡保障目的の人にぴったり。ただし保障期間が限られている事に注意してください。

 

A死亡保障をできるだけ安く買いたい人

基本は『定期保険』、または『逓減定期』ですから、死亡保障のためのいちばん安い保険といえます。やはり保障期間に注意してください。

 

B生涯の保障は必要ないので、」定期問だけの保障が欲しい人

保障期間をかなり自由に設計できます。保険会社によってA型かB型かが違い、条件も違うので、希望の期間がない場合は別の保険会社に問い合わせてみましょう。

 

C保障は保障、貯蓄は貯蓄と別々に考えたい人

保険料を安く押さえる事ができるので、その分を貯蓄にまわす事ができます。

 

 

 

『収入保証保険』は、こんな人には向きません!!

@満期保険金や、解約返戻金が欲しい人

『収入保障保険』には満期保険金はありません。解約返戻金も原則としてありません。ただし、長期のものは解約返戻金が払われるものもあります。

 

A掛け捨ての保険は絶対に嫌な人

『収人保障保険』は掛け捨て保険。『終身保険』に「収入保障特約」がついているものも、特約部分は掛け捨てです。

 

B貯蓄をかねて保険に入りたい人

『終身保険』や『養老保険』、または生存給付金付きの保険をおすすめします。

 

C一生涯の死亡保障が欲しい人

「収入保障保険」は一定期間で保障が切れてしまいます。これで、葬式代や相続税のための資金を残すのは不適当。一生涯の保障が欲しい人は『終身保険』をどうぞ。

 

D「医療特約」をつけたい人

『収入保障保険』の期間が終わると、「医療特約」の保障もなくなってしまいます。「医療特約」は『終身保険』につけるか、単独の『医療保険』に入るようにしましょう。

 

 

 

『収入保証保険』 加入のポイント!!

@必要な保障額と保障期間を考えてみよう

保険金額は現在の収入を基準に考えるといいでしょう。遺族年金にプラスして、どのくらいの年収(または月収)があれば遺族が満足な生活を送る事ができるかという点から考えてみましょう。保障期間はこども(末の子)が成人、または独立するまでとするのが。一般的。

 

AA型にするか、B型にするか

死亡保険金(年金)を受け取るのは10年で十分なのか、それとも夫の退職年齢くらいまではもらいたいのかを考えます。当面の生活費だけ手当できれば十分なら前者(A型)、長期の経済保障が欲しいなら後者(B型)を選びます。一般の人には安心の大きいB型をおすすめします

 

B自動更新にするか、長期にするか

自動更新なら、当初の保険料は安くなりますが、更新ごとに保険料が高くなります。期間の長いものは当初の保険料は高くても、保険料が変わらないので、トータルでは安くなります。

 

C必要に応じて他の保険と組み合わせる

『収入保障保険』は遺族の「生活費」を残すのに適した保険です。ただし死亡のときにまとまったお金が必要になる事もあるので、『終身保険』(葬式費用や配偶者の老後のために残すお金)や『定期保険』(こどもの教育費のため)などと組み合わせるのもいいでしょう。

 

 

 

『収入保証保険』の注意事項!!

死亡保険金は一時金で受け取ると相続財産とみなされて、相続税がかかる資産家でなければ税金はかかりません。ただし年金形式で受け取ると、毎年の年金額が雑所得となり税金がかかります。税務上は一時金で受け取った方が有利という事になります。