請負型リノベーションのデメリット 「ローン」「借入」「融資」!!

 

一般の住宅ローンとは違う!!【リノベーションローン】

もともとリフォームやリノべーションの工事費は、数年前まですべて現金で支払うことが一般的でした。最近では住宅全体のフルリノベーションをされる方も多くなり、大規模になってきていることから、リフォーム(リノベーション)ローンというものが各金融機関から登場してきました。リフォーム(リノベーション)ローンについてご説明する前に、一般的な住宅ローンの仕組みから説明します。まず住宅ローンには二つの審査基準があり、それらの審査により借り入れできる上限金額が決まるります。一つは建物の築年数や構造、価格などの購入予定の物件の担保評価をする審査です。もう一つは年収や勤務先、勤続年数や貯金などといった、その人の属性で支払い能力を判断する審査です。これらの審査によって、借り入れできる額や返済の期間が変わってきます。

 

 

 

リノベーションのローン・融資は非常に厳しの現実!!

ではリフォーム(リノベーション)ローンはどうなのでしようか?

 

通常の場合リフォーム(リノベーション)ローンは、残念ながらリノベーション工事をこなった内装は担保評価の対象となりません。よって借り入れをする人の属性のみが審査の対象となります。すなわち住宅ローンより基準内容が厳しくなっています。リフォーム(リノベーション)ローンは住宅ローンに比べて、そもそもの評価基準が厳しいため、住宅ローンに比べ金利が少し高く、さらに返済期間も短くしか設定できません。リノベーションが大規模になり工事費が高額になると、全額をローンで充てがうことが非常に難しく、中古住宅を購入して大規模改修を行う場合、工事費用のうち、ローンを組めなかった部分は現金を用意する必要がありました。

 

リフォームローンについて各金融機関の公式サイトで調べると、どこも「上限1000万円まで」「返済期間35年」などと書かれていますので、利用しやすいと思われるかもしれませんが、現実的には工事額の一部を高金利、短期間で返済することになる場合がほとんどなのです。このようなリフォームローンの厳しい条件は、大規模なリノべーションエ事をする場合のとても大きなハードルとなっています。こうした金融の問題はリフォーム、リノベーション市場拡大を阻む要因になっています。

 

undefined

 

 

もともとリフォームやリノべーションの工事費は、数年前まですべて現金で支払うことが一般的でした。最近では住宅全体のフルリノベーションをされる方も多くなり、大規模になってきていることから、リフォーム(リノベーション)ローンというものが各金融機関から登場してきました。リフォーム(リノベーション)ローンについてご説明する前に、一般的な住宅ローンの仕組みから説明します。まず住宅ローンには二つの審査基準があり、それらの審査により借り入れできる上限金額が決まるります。一つは建物の築年数や構造、価格などの購入予定の物件の担保評価をする審査です。もう一つは年収や勤務先、勤続年数や貯金などといった、その人の属性で支払い能力を判断する審査です。これらの審査によって、借り入れできる額や返済の期間が変わってきます。