低金利の今は「住宅の買い時」なのか?

買い時

「今が買い時」なのか?

神様でもないのに、そんなことを言えるのりご」「上がる、上がる」と言われて、このあり様です。この10年でみると、いつ金利が最低だったかなど、その時々の状況で変わるため、振り返ってみると、「今」が最低などとはとても言えません。株価と一緒で、あとで振り返って言える話でしかないのです。もし、事前に金利が予想できれば、誰だって苦労はないのです。不動産の値段や金利が最低の時がわかれば、誰だって億万長者になれます。株も一緒です。相場のあるものの値段と金利の天井と底が予想できると断言する人がいたら、それは神様か「詐欺師」だと思ったほうが良いでしょう。

 

※住宅コンサルになってわかった事!

 

 

 

「低金利時代」だから「買い時」なのです!!

低の金利賃貸なら、さっさとこの町を離れられますが、自宅を持ってしまうとどうしようもありません。仮に売ろうにも、財政破綻が懸念される自治体の家を買ってくれる人は見つけにくいでしょう。自宅を持っている人は逃げられないので、他の地域よりも高い税金を支払わされた挙句、固定資産税が払えなくなれば「召し上げ」です。高給を誇った外資系の証券会社の社員です。高給を背景に自宅を買ったばかり。高額ローンを抱えていたため、結局はその自宅を手放す羽目に陥りました。彼は、今も求職活動中です。

 

果たして、本当の意味で、自宅を所有しているのは誰なのでしょう。多額の住宅ローンを支払って住んでいる人なのでしょうか。それとも、真の所有者は地方自治体で、地方自治体が税金の対価として使用だけを許可しているのでしょうか。いずれにせよ、税金がついて回る限り、自宅は完全には自分のものではないようです。その土地の特徴、過去の歴史、周辺の環境などを的確に調べるには、何といっても地元の人たち数人に直接聞くのが一番です。「こんなやり方で受注していて本当にいいんですか?」上司や先輩に、自分の常識を問い掛けてみます。最初は誰もが感じる素直な疑問です。自分たちが建てたい家の全体像がぼんやりと見えてきました。間取りや各部屋の大きさ、全体予算など、身の丈にあった計画です。数力月先までの返済分を常にストックしておくその月の返済分を返済日の直前で用意するのはとても危険。少なくとも2〜3ヵ月先までの返済分は常備しておくようにしたいものです。有償、無償を問わずあらゆる不動産の取得が対象で、個人と法人の違いや登記の有無も一切関係ありません。

 

建物には消費税もかかる!住宅の購入ど建築”を問わず、建物部分には消費税がかかります(上地は非課税)。価格が高い分、消費税額もそれなりの出費になるので予算配分に注意してください。なお、マイホームの取得以外に、増改築の場合でも一定の要件を満たせば、この特別控除が受けられます。住民税も控除対象に以前は所得税のみが控除対象でしたが、平成21年以降、所得税から控除しきれなかった分を、翌年度分の個人住民税から控除できるようになりました。設計そのもの基本設計の段階で契約する場合は、その設計内容に問題がないかどうかを再度確認しましょう。

 

 

低金利の今は「住宅の買い時」なのでしょうか。

買い時なの
設計そのもの基本設計の段階で契約する場合は、その設計内容に問題がないかどうかを再度確認しましょう。生活費を削るより、無駄遣いを減らす食費や光熱費など、生活に必要な費用を削るとストレスもたまる。生活費以外の買い物や遊びの出費を抑えるほうが健全に節約できるのです。しかし、チラシなどを見ると公庫よりもかなり低い金利を謳っています。キャンペーン金利などで、一時は1%台のローンもありました。しかし、そこに落とし穴があるのです。

 

建売住宅であれば、記載されているはずの『建築確認番号』の表示がない! 現在の現地写真を見ても、古い倉庫が建っているモノクロ写真この広告は、もしかして『宅建業法』違反です。低金利の今は「住宅の買い時」なのです。そのため仕事に集中できるよう会社に近接した物件を選んだのですが、それにはもうひとつ理由があります。通勤時間にかける分の時間を自分の趣味である絵に使いたかったのです。マンションには絵を描くアトリエもあります。ただし、田舎不動産や地方は話が別です。こうした地域は流通価格がはっきりしていないこともあり、掘り出し物が見つかる可能性はまだ存在すると思います。皆が行く道とは違う道を行くことによって、得な買い物ができる可能性は残されています。住宅は「今が買い時」なのでしょうか。お得意様にとって悪影響のある書き方は避けたいというのが商業界のセオリーです。新聞社だって例外ではありません。このことをぜひとも忘れないでください。

 

また、不動産業界も、常に「今が買い時」という誣い文句でさまざまな宣伝を行っています。しかし新聞記事を疑ってかかるのと同じく、こうした広告にも踊らされてはいけません。そのためにも家を買う上で、現在の日本経済の状況はどうなのか、本当に買い時なのか、景気判断的記事や宣伝文句に左右されずに判断できるよう、正しい知識を身に付ける必要があります。ここでは、少しその手助けができればと思います。みなさんに、まず目指していただきたいのは、「極端な割安の物件を探す」といった非現実的なことではなく、「価格的には相場であるが、総合的に良い物件」や「優良な物件であるが、それほど高くない」といった物件との出会いを求めることです。

 

この女性のように、超人気エリアを避け、築年数を犠牲にして、東京の比較的安いエリアに住むというのも一つの知恵だと思います。低金利の今は「住宅の買い時」なのでしょう。田舎生活を推奨する評論家には、「いきなり買う」ことをすすめるエセ専門家もいらっしやいますが、だいたいが実際は田舎不動産を扱う業者さんであったりします。住宅は「今が買い時」なのです。田舎不動産の場合、最低1年ぐらいは、その土地で家を借りて生活してみて、適応できそうであれば購入することをおすすめします。「元はどういった土地だったのですか?」「どういう歴史のある土地ですか?」「水害とか土砂崩れの心配はないですか?」