ハウス・オブ・ザ・イヤー受賞は宣伝効果が高いのだが・・・

ハウス・オブ・ザ・イヤー受賞は宣伝効果

 

ハウス・オブ・ザ・イヤーを受賞した住宅は、本当に優れた住宅なのでしょうか? 粗末なぼったくり住宅ではないのですが、そこには業界の様々な事情が絡み合っているのです。

 

 

住宅業界では、毎年さまざまなコンテストが開催されています。これらのコンテストを主催するのは、主に住宅雑誌出版社です。入賞すれば、全国誌に社名や建築物が、無料で大々的に掲載される訳です。宣伝効果は抜群。コンテストに応募する建物に輸入材を多く使用すれば、全国の大に認知してもらえる絶好のチャンスでした。各社ともに力が入るものです。もちろんですが、入賞するという保証もありませんし、この時点では、資材は自社単独仕入れのため、コスト高で、利益を圧迫するというデメリットも多数ありました。しかし当時の私には、これしか選択肢がありませんでした。まさに鬼気迫る覚悟での決断、行動でした。結果的に、コンテストで最優秀賞に選ばれたのです。他にも多数受賞をし、多くの全国誌に掲載されました。

 

そうなると当然ですが、全国的に知名度が格段に上がりました。私は、毎日電話の前で、共同購入の話がくるのではないかと大きな期待をしていました。しかし現実は、名前が売れただけでは、私の求めていた問い合わせや、同業者からの連絡は一切ありませんでした。連絡があるのは、雑誌に載っていたような家を建ててほしいというユーザーからの連絡だけでした。なぜ連絡がこないのかよくよく考えてみると、同業者であり、ライバルである私と手を組もうという者などいるはずがないことに気づきました。あさはかでした。共同購入する工務店にとってメリットとなるような戦略が欠けていたのです。

 

 

 

ハウス・オブ・ザ・イヤーのノウハウを50万円で販売!!

どうにかして住宅部材の共同購入のネットワークを広げたい私は、入選作品の建物のノウハウの公開販売という荒技を考えて実行しました。しかし自社のアイデア、ましてや日本一になった技術を公開することは、同じような建物を造ることのできる業者を増やし、たくさんのライバル会社を作ることに直接つながるので、社内や関係者から大きな反対を受けました。考えてみてください。例えばカー・オブーザーイヤーやグッドデザイン賞に輝いた商品を造るノウハウを、メーカーが公開するでしょうか。しかし、当時の私にはこの方法しかなかったのです。

 

当時、建築のノウハウ販売金額は300〜600万円が相場でした。実は私も、こうした600万円のノウハウを購入し、大きな失敗した経験が何度かありました。弱小工務店に、600万円という金額は、会社の存続にも直接かかわる大きな金額です。当時購入したノウハウに書かれていたのは、安い工業製品、安い職人を使ってローコスト住宅を建てなさいということでした。これはローコストといってもユーザーのためではなく、利益を上げるために業者がいかに省くか、どんなコストを削っていくかといったノウハウが書かれているのです。クソみたいなものです。そんなノウハウを駆使すると、もちろん「安かろう、悪かろう、欠陥住宅」といった貧相な家の出来上がりです。決してユーザーがあこがれ、欲しがるものではありませんでした。そのようなノウハウを多数の業者が購入し家を建てたおかげで、今の日本の住宅事情が最悪なものになっているのは言うまでもありません。世間の多くのローコスト工務店はクソのような住宅しか作ることが出来ないのです。ですから私には、ノウハウを販売して利益を出すという考えはありませんでした。私にとってのノウハウ販売とは、弱小工務店同士が共に手を組み、大手のクソハウスメーカーや粗悪で薄汚いローコスト住宅を建てている業者に、本物の家造りで挑戦するための手段でした。だからノウハウの販売価格は相場の10分の1以下、50万円という原価ギリギリに設定しました。もちろん赤字ギリギリでした。

 

 

 

ノウハウを格安で販売した理由とは?

ノウハウ販売

実は 薄利でのノウハウ販売に踏み切ったのには、二つの理由がありました。一つは、工務店を食い物にしているノウハウ販売会社への挑戦の気持ちからです。ジャー●ネットがその最たるものです。ノウハウを必要としている工務店は、弱小の零細企業が大半です。経営が順調な工務店には、ノウハウなんて全く必要ないのです。そうやって工務店の不安に付け込み、高額でノウハウ販売をしている建築業者が許せなかったのです。はっきりと言って殺してやりたかったです。そしてもう一つは、粗悪な建物を営業力だけで販売してユーザーを食い物にしている企業への挑戦です。中小のローコスト系ハウスメーカーなんて、みんなこれに当たります。ノウハウの購入や住宅のフランチャイズ加盟には、多額の金額を必要とします。高額なフランチャイズに加盟するとまずは1億円以上の資金が必要となり、さらに毎月フランチャイズ本部に納める上納金もあります。その金額も売り上げの3%くらいを納めるという形態で、各工務店から利益を絞り取っている企業ばかりです。代理店は皆泣いているのです。こうしたフランチャイズ本部の利益は、実質的に家を建てるユーザーが負担しているのです。住宅自体の性能や資材の品質で、住宅の値段が変わるのなら納得がいきます。しかし、フランチャイズ本部の利益を生み出すために、住宅の値段が変わるのには、私は納得できませんでした。

 

 

ハウス・オブ・ザ・イヤーを受賞した私は、結局のところ業界の隅に追いやられるのでした。

 

 

※大手ハウスメーカーが日本の家をダメにした!!

※大手ハウスメーカーの家を建てるバカ!!