賃貸住宅でもハウスオブザイヤーは受賞可能!!

ハウスオブ座イヤー

 

 

自由に住み替えられて、最新設備を持つ賃貸に古い自宅は勝てるか?

 

賃貸市場も競争が厳しいため、やる気のある大家は、できるだけ最新の設備にして賃貸の「客付け」に努力しているものです。ひたすらコストを抑え、売り手市場で殿様商売をしていた大家も、今は昔です。供給過剰で買い手市場になった今の賃貸市場において、賃貸業をビジネスとして考える大家なら、設備投資は積極的に行います。ユーザーのニーズに応えて次々と最新設備に変えていく賃貸物件があるのに対し、古くなった設備の不便な自宅に我慢して住むことはどこまで合理的なのでしょうか。

 

 

賃貸住宅でもハウスオブザイヤーを受賞できるのか?

円上にある地域は、吉祥寺から会社までの通勤時間と変わらない時間で通える地域です。住宅情報誌や新築物件や中古物件、リゾート物件その他において、多くの物件を比較検討する上で、情報量は命となります。ハウスオブザイヤーを受賞した賃貸住宅でした。弊社のオフィスがある港区青山周辺の住宅地の価格は、もう理論上では説明できない状況まで上昇してきました。ハウスオブザイヤーを受賞した賃貸住宅はどうでしょうか?

 

逆の言い方をすれば、もしみなさんから見て明らかに安い物件が存在したら注意が必要です。上層階の部屋からは海が見え、敷地内には公園や散策路、遊歩道も整備されています。必ずしもAがよくてBがダメだとは限りません。たとえば、Aを買ったら予算オーバーになってしまい、建物にかける予算を削らざるを得ない。Sさんご家族の住まいは、妥協することなく、実現したいポイントをすべて盛り込んだ、見どころがいっぱいの家となりました。家が完成し、ここまでを振り返って、ご主人はこう話してくれました。Fさんご夫妻との出会いは今から5年以上前の、2005年6月半ば頃のことです。ご夫妻は、「家を建てるなら建築設計事務所」と決められていたそうで、インターネットでいろいろと検索するうちに、はやて設計事務所のホームページに辿りついたといいます。

 

 

ハウスオブザイヤーの賃貸住宅!!

ハウスオブザイヤーを受賞した賃貸住宅があったのです。現場の職人との関係建築士を通して指示するといっても、建て主が現場にまったく足を運ばないのはよくありません。建て主の顔が見えてこそ、現場の職人たちの士気も上がるというものです。工事が始まったら、建築士と一緒に現場を訪れましょう。顔を出す頻度についても、建築士がアドバイスしてくれます。また、現場で何か指示を出したいときは直接職人に言わず、建築士に伝えて適切な指示を出してもらいます。東京(日本橋)事務所の山神所長も、開業5年目に誘い入れた私の中学時代の幼馴染みです。先に買うのはどんなとき?よほどの優良物件に出会ったとか、自分の物件にすぐ売れる根拠があるなどの場合は、先に買うヶ−スもあります。買い換えは「より快適な生活を得る」のが目的ですから、その意味では物件重視で買いを先行させるのも悪くありません。現在、ダムでは年間100棟以上の住宅を設計し、世に送り出しています。

 

一方、Bを住宅会社に見てもらったら、土地に見合ったよいプランをつくってくれて、建物を北側に寄せて日当たりも確保、南側にはプライバシーの高い庭もつくれそう。費用は10万円から30万円程度かかりますが、家は一生の買い物です。何らかの欠陥がある住宅を購入するより、後々安くつくことは間違いありません。不動産取得税は、購入してから数カ月後に請求がきます。忘れた頃にやってくる税金というわけです。これも4000万円の物件なら30?40万円は必要です。同じ千葉でも東京駅から20分の市川駅徒歩9分という場所にある土地36坪の新築一戸建てが4800万円。間取りは4LDKで、屋上ルーフバルコニーがついており、リビングダイニングも20畳近くあります。なぜそれほど安いのか? なぜ不動産業者が買わないのか? それを疑ってかかる必要があります。

 

また、東京の城南地域から東京寄りの神奈川エリアの高級住宅街の地価も、強い購買意欲の反映でやはり急激に上がっています。なかでも物件情報量という意味で、紙媒体でのチェックは不可欠です。最も簡単なのは『週刊住宅情報』(リクルート社)をはじめとした各種住宅情報誌を定期的に購入し、掲載物件の資料を葉書などで請求することです。ハウスオブザイヤーを受賞したのが賃貸住宅でした。この中に、「ここならいいかな」と思える地域があったら、実際に足を運んで、街の雰囲気やそこで暮らしている人たちを目で確かめてみます。「吉祥寺がよかったけれど、葛西に行ってみると緑は多いし、結構いいじゃないか」と思ったりするかもしれません。