「独立」「オープン」「アイランド」 キッチンスタイルの本命は?

システムキッチン選び

 

キッチンのスタイル別ポイント

キッチンのスタイルには独立型、セミオープン型、オープン型などがあります。時代の流れにより主流となるスタイルが変わってきています。独立型が主流の時代から、ダイニングキッチンというオープン型へ、その後セミオープン型が隆盛の時代を迎えました。そして今、新たなオープン型ともいえるアイランド型が大きな注目を集めています。キッチンが「主婦の城」から「アワーズ(私たちの)キッチン』へと変わってきたのも、スタイルの変化によるところが大きいのです。スタイルはキッチンでの作業と家族や来客とのかかわりにつながります。またそれだけでなく、家族の暮らし方に大きく影響を及ぼし、キッチンに立つ人の心を左右するほど重要なものです。それぞれのスタイルの特徴を把握し、かつスタイル別の注意点をおさえた上で、適切なキッチンスタイルを選部ことが重要です。

 

独立型キッチン

独立キッチン

 

独立型キッチンは、キッチンと食事の場が完全に分離したスタイルです。煙や臭気、音などがほかの部屋に流れることが少なく、衛生的だといるでしょう。キッチンの雑多なものがそのままでもダイニングやリビングからは見えないので、「キッチンは作業場と割り切りたい、食事はゆったり楽しみたい」という家庭や、お客さまのおもてなしが多い家庭に向いています。その反面、キッチンで作業する人が孤立すること、面積がやや多く必要なことなどのデメリットもあるのも理解しておきましょう。

 

独立型キッチンを設計する場合に注意する点は、キッチン内部で料理づくりから配膳までの作業ができるようにプランすることが重要です。広いキッチンスペースに収納はたっぷりとったものの、配膳のスペースがほとんどないプランをよく見ることがあります。配膳スペースをとり忘れると、キッチンとダイニングを行ったり来たりしなければなりません。またこの配膳スペースは、ちょっとした食事のスペースとしても活躍します。冷蔵庫の位置は、キッチンからもダイニングからも使いやすくなるように計画しましょう。奥の方にならざるを得ない場合には、ダイニング用の冷蔵庫としてもう一台考えるといいでしょう。ダイニングへの出入り囗建具は開けていることが多いとなれば、開けたままでも邪魔にならないように考えることです。引き戸は有効な方法となります。散らかせる気楽さも独立型のキッチンの大きな魅力とはいえ、やはり散らかしっぱなしだと気分のいい場所にはなりません。人に見えない独立型のキッチンであっても、気分よくいられる設計でありたいものです。

 

独立型のキッチンを希望する人は、かなり少なくなりつつありますが、独立型にしたいと思う時「なぜ独立型を希望するのか?」と問うことが大切です。「キッチンでひとり孤立するのはイヤですが、片付けが下手・キッチンのごちゃごちゃが食卓やリビングから見えるのも困るのです。独立型キッチンにして私ひとりが我慢をします」このようであれば悲しいものです。それに家族をキッチンに巻き込むには、独立型キッチンでは大きなエネルギーが必要です。それなら、作業場の雑多なものは見えないように、そして臭いも広がらないように、そしてダイニングやリビングとのつながりがあるように、という設計のセミオープンキッチンがいいのではないのでしょうか?

 

オープン型キッチン

オープンキッチン

 

オープンキッチンは、キッチンがダイニングやリビングと一体化したキッチンスタイルです。各所のスペースが有効に使えることや作業動線がとても短く、調理→食事→休息といった生活行為が、途切れることなくスムーズに行えるという点では効率的なスタイルです。しかし、煙・臭気・音などが拡散した中での食事となり、また食事や団らん中にキッチンが丸見えになるため落ち着きが得られません。

 

しかし,オープンキッチンの設計をしながらも、おしゃれな生活を意識するあまり、料理づくりをしないようになっては困ります。オープンキッチンの場合、収納計画をきちんとすること、換気をよく考えておくこと、調理中は作業場であってもいざとなれば片付くように計画することなど注意しておくといいでしょう。この雑多な姿からの脱出を望み、オープン型のダイニングキッチンスタイルが敬遠されています。しかしながら、オープン型に属しているともいえるアイランド型キッチンが2000年代に入って流行しはじめました。

 

アイランド型キッチン

アイランドキッチン

 

アイランド型キッチンは、オープン型の一種なのですが、シンクやコンロを備えた調理台を部屋の真ん中に「島」のように独立させた最近はやりのキッチンスタイルです。調理台を囲んでみんなで作業するなど、家族が料理に参加しやすく、キッチンに立つ人も団欒に参加しやすいのが大きなメリットです。学校の調理室のように家族みんなで料理をしましょうということのようです。このキッチンタイプは、おしゃれな雰囲気も出せるので、雑誌などで取り上げられて注目度の高いスタイルですが、オープン型同様に煙や臭気の問題は生じます。特に「島」の部分にコンロがある場合、換気が大きな問題となります。上からの大きな換気装置の取り付けによりうっとおしくなったり、換気効率もよくなかったりします。おしゃれであり、家族が参加するようにと思いアイランド型にしたものの使ってみると、キッチンのゴチャゴチャが丸見えでおしゃれには程遠いなど、きれいな状態を保つために多大なエネルギーが必要になるとか、片付けをきちんとしない夫や子供にはキッチンに立たないことを望んだりとか・・・となれば、アイランド型キッチンの表面的なところしか見ていなかったことによる失敗プランとなるでしょう。

 

アイランド型キッチンを提案する人・希望する人の多くは、ファッション的な部分に意識が向き、キッチンに必要な機器(電子レンジ,炊飯器,トースターなど)の世き場所、調理道具や食器類そしてゴミ箱などや、ちょっと床に置きたい雑多なものなどのことを忘れたプランになることが多いように感じます。実際に料理をした時に、キッチンスペースの有様はどうかということを頭においてプランニングすることが重要です。おしゃれな感覚でアイランド型キッチンにしたい時は、逃げ場所も考えた収納計画をしっかりとしておくことが大切となるでしょう。アイランド型キッチンを希望する方には個人的には,アイランド「風」キッチンをお勧めしています。「風」とは、アイランドという希望の言葉を残しながら雑然とした部分はうまく隠すセミオープン型キッチンなのです。

 

セミオープン型キッチン

セミオープンキッチン

 

キッチンはいくらおしゃれにしているといえども作業場なのです。「作業場と食事の場とは区切りたい」、しかし、「キッチンに立つ人とダイニングにいる人が同じ空問でつながっていたい」という両方の希望を満たすスタイルとして登場したのが、セミオープン型キッチンなのです。キッチンとダイニングをカウンターや腰壁、ハッチスタイルの家具などで区切った感覚のものです。独立型とオープン型のメリットを兼ね備えているとして人気を呼び、新築分譲マンションや戸建て住宅でも主流のスタイルになっています。

 

キッチンとダイニングが動線的に区切られている点からは、キッチンスペース内で調理から配膳までができるようにプランすること、空間がつながっている点からは換気が十分であることが大切です。さらにはキッチン内の雑多なものが見えず、しかも顔が見えるということも重要でしょう。もちろん作業しやすいキッチンの基本もクリアすることです。主流だからといえ今まで壁に向かっていたキッチンをリビング面に向けただけではいけません。平面図ではキッチンとダイニングがほどよく区切られているのですが、カウンターの高さが低すぎるため、キッチン内のゴチャゴチャが見え作業場の雰囲気を引きずっているプランや、カウンターの上に吊り戸棚があるために、腰をかがめなければダイニングにいる人と会話ができないプランも見かけます。平面図のラインが、実際の姿としてどうなるのかをよく認識しておく必要があります。図面は二次元ですが実際の姿は三次元です。つねに三次元で考えることが大切です。そして空問の広さ、明るさなども意識するのです。例えば,腰壁の高さが1200mmある現場を見て「この寸法はとてもいい」と思ったとしましょう。しかし,コンパクトな空間では高すぎると感じるでしょう。このように各々の現場により「この数字がいい」「この区切り方はいい」は異なるのです。「なぜセミオープン型キッチンを希望したのか」「セミオープンのメリットが生かされて、デメリットは残っていないか」などを確認することが必要です。

 

シンク選び

システムキッチンではほとんどの場合、シンクの形状や寸法が決められています。1980年頃にもてはやされたダブルジンクですが、今でも使いやすいという人がいます。小さいほうのシンクで野菜を洗う人、食器をつけておく人、水切りかごとして使う人、ゴミを置く人などそれぞれ便利に使っています。しかし、シンクを二つに区切ることは、ジンクの間口寸法を多く必要としますし、融通がきかないことも頭に入れておく必要があります。

 

幅が900mm〜1,000mmほどあるジャンボシンクは、食器の数をたくさん使う家庭や、洗いものを次々にジンクに放り込んでおきたい人や、洗い桶を使う人、シンクの前に2人立ちたい家庭などに向いています。ただ、何か何でもジャンボシンクがいいと、キッチンの間口が狭いにもかかわらずジャンボシンクを選び、作業スペースが確保されず困ったキッチンも見受けられます。シンクは大きいのが望ましいと思いがちですが、大型の食器洗い機を組み込めば無理にシンクを大きくする必要はありません。一般的には大家族ではない場合、食器洗い機をビルトインした上で幅650mm〜850oくらいのジンクを設計することが多いのです。さらに最近は魚の下ごしらえ用の浅いシンクや変形ジンクと、さまざまなアイディアシンクが出ています。作業の一部をとらえると確かに役に立ちそうですが、その機能を使わないときに支障がないか、よく考えてみる必要があるでしょう。

 

もうひとつ注意したいのはジンクの奥行きです。奥行きがあるとゆったり使えますが、それにも限度があります。水の落ちる位置が遠くなると不自然な姿勢で洗いものをすることになり、「腰痛キッチン」になってしまうので、奥行きと水棹金具との寸法を検討しなければなりません。

 

熱源について

熱源の寸法については、キッチンの設計者が寸法をどうこうするということはほとんど不可能です。各メーカーの製作した熱源の機器を取り入れることになるでしょう。一般的には幅600oタイプのものが主となります。「大きい鍋も置ける」という幅の広いものも出ています。一般的でないものはあとで取り替えることも頭に入れて検討しておくことです。キッチンの寿命より機器の寿命の方が短いことが多いからです。家庭によっては三つ口あるいは四つ口の熱源が1台と限らず、2台あるいはフライヤーやバーベキューグリルなどを並べることもありますが、熱源を並べすぎた時においてもスペース割りがうまくいっているか確認をすることが重要です。もちろん、収納もうまくいくかチェックを忘れないようにしましょう。

 

IHクッキングヒーターを選択したけれど、やはりガスの火も必要であろうと幅600mmの三つ囗IHクッキングヒーターと、幅600mmのガスコンロを並べ、熱源の部分だけで1,200oもとる人がいます。キッチンの間口に対し1,200mmも熱源のスペースをとることにより作業面の不足・無駄な作業動線・不都合な収納となっては困ることでしょう。熱源の口数を多く必要とすることが、あるいは炎がほしいことが月に数回・年に数回ということであれば、その時に卓上用のIHクッキングヒーターや、ガスのカセットコンロを用いるのが良いでしょう。毎日毎日の料理にどの熱源がどれだけ必要かをよく考える必要があります。

 

配膳スペースについて

食器を並べ、できあがった料理を盛り付けるという配膳スペースをキッチン空間の中で確保したいものです。この配膳スペースも調理のスペースや熱源のスペースに近く、余分に歩かなくて済む設計としたいものです。ダイニングキッチンならテーブルが配膳スペースを兼ねることができますが、独立型のキッチンの場合はキッチン内に配膳スペースが必要です。スペースの広さは使う器の量などに応じて決めましょう。キッチンが狭い場合はスライド式のテーブルを設置し、必要な時に引き出して配膳に使う方法もあります。

 

家電製品や道具の置き場所について

電子レンジ、炊飯器、電気ポット、トースター、コーヒーメーカー、フードプロセッサーなど,ワークトップの上に置く家電製品や道具類の位置も忘れずに考えておかなければなりません。これらの製品は家庭によって持っているかいないか、よく使うかあまり使わないかが異なります。所持品と使用頻度を聞き取り、スペースを確保しておかなければなりません。あとでこれらの置き場所に困り、市販の置き台を買い足すという事態にならないようにしたいものです。置き場所については動線が不便にならないように、使うときの位概関係を考え、使いやすいところに計画しましょう。

 

 

キッチン作業台の高さ

キッチン高さ

キッチンには「作業しやすい高さ」というものがあります。「日本人の身長が高くなったので、キッチンの高さも800mmから850mmになりました」などと言われます。しかし、平均身長で決められては困ります。作業する人に合わせたいものです。物を切るところは,一般的には「身長×1/2+50mm」と言われています.身長1.600oの人であれば850oということになります。また肘下110mmとも言われます。作業する高さが低すぎると、腰が痛くなります。特に洗いものをする時、腰痛を体験する人が多くいることでしょう。熱源の高さは手を下に下げ、手のひらを床と平行にした時の高さが望ましいといわれます。つまりこの高さは、作業の高さより低いのです。この高さが高 すぎると、肩が痛くなります。個人的な意見ですが、作業の高さより約100mm下げることが望ましいでしょう。

 

キッチンの高さを家族の誰に合わせるか、という大きなそして普遍的な問題もあります。作業する高さにおいては、高すぎるのと低すぎるのとどちらがいいでしょうか?高すぎる場合は、少しかかとのあるスリッパを履いたり、すのこを置いたりなどで解決することができます。しかし低すぎるからといって身長を低くするわけにはいきません。キッチンの高さは作業するスペースは高くてもいいでしょう。そして熱源スペースを下げておけばそれぞれに対応できることにもなります。

 

作業スペースより熱源スペースの高さは下げる
高いは対象法があるが、低いは難しい